読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

divergent's blog

ブログは報道機関ではなく、一般人の意見です。鵜呑みにはしないでください。Twitter→@convi193

スポンサーリンク


セブンパークアリオ柏は何がすごいのか

前回の記事↓

popncandyrocket1ban.hatenablog.com

 

前回の記事では、セブンパークアリオ柏という施設の存在意義について考えたが、今回の記事ではどちらかといえば魅力について考えていきたい。アリオ柏は、ただのショッピングモールではない。モラージュやららぽーとと比べて明らかに大きいし、収容人数も桁違いだ*1。巨大だからこそ、その中には夢や希望がたくさん詰まっているのであり、便利なものや楽しいものがいっぱいある。まさに、アリオ柏は柏市のショッピングモールのラスボス的存在なのだ。この記事では、そうした魅力についてたっぷり伝えていく。

 

www.youtube.com


冒険するための施設

アリオ柏は冒険するための施設である。国道16号側中央口から入って、一番に目に入るのは、巨大なチェスの駒だ。それから、時計、ロボット、だるま落とし、トランプもある。あれは豆の入ったガチャガチャだろうか?よく見たら、タイトーステーションのロゴが……他にも、おーいお茶やコアラのマーチ、カルピス、タリーズコーヒーのカップなど、巨大なオブジェがある。本や模型の箱、陶器の器などを模したパーツからなる秘密の高台があり、そこに登ることができる。よく見ると、展示されているオブジェの一部には、格言が書いてあり、冒険心をくすぐる施設であることを察することができる。もちろん、宣伝の意図があるようで、展示されているオブジェの多くは出店店舗のイメージや商品それ自体を表したものである。実際に、1Fには「茶寮 伊藤園」がある。セブンカフェのラージサイズが無料で楽しめるのもこの施設の魅力である*2。一般的にショッピングモールは撮影禁止だと思ったので写真には収めていないが、実際には写真撮影を奨励しているので、気兼ねなく写真撮影をしてほしい*3。こうした巨大なショッピングモールを回ることはまさに冒険である。欲しいものがあるから特定の店に行くということは是非とも避けたいものだ。

 

nanacoが使える

アリオ柏は生活基盤を意識した施設である。第一に、館内の多くの店舗でセブンアンドアイの電子マネーnanacoが使用可能である。nanacoチャージャーとセブン銀行ATMは至る所にあり、ゲームセンターでも使用可能なようだ。全部の店を回ったわけではないが、パンフレットには「一部電子マネーがご利用いただけない店舗がございます。」と書いてあるだけなので、店舗の本社との都合が合わない場合など、よほどのことがなければ使えるだろう。

 

第二に、必需品が粗方手に入る。前述の通り、ショッピングモール内であるにもかかわらず、セブンイレブンが出店している。化粧品などを扱うセブン美のガーデンや、自転車店、眼科や歯科もある。携帯電話大手3社は全て出店しているし、アリオの外に出ればヤマダ電機があるため、家電も問題なく手に入る。セブン銀行ATMがあるにもかかわらず、千葉銀行京葉銀行を含む主要銀行のATMがあるのは驚きだ*4。以前の記事で、消費者に多くの選択肢が与えられていることに言及したが、一部の必需品に関しても当てはまる。ベビー用品や子ども服に関しては贅沢品と見紛うほどの数の専門店がある。何か必要なものがあれば、とりあえずアリオに来れば手に入るだろうと思ったというのが正直な感想だ。

 

第三に、公共性の高い施設がある。外にはバーベキュー場を完備したスマイルパークがある*5。イベントの際、地上に収まりきらない場合は、2Fにバルコニーがあり、地上を見下ろすことができる。公式ウェブサイトによれば、3000人が収容でき、外部団体への開放も検討しているそうだ。3Fにはスカイキッズと呼ばれる子ども向けのプレイスペースがある。公式ウェブサイトの動画を見る限り、スマイルパークにも遊具が置いてあるらしい。他にも、筆者の確認した限りでは、紀伊國屋書店にも子ども用の読み聞かせスペースや児童書を集めたコーナーがあった。タイトーステーションやROUND1 STADIUMには子どもが楽しめるゲームも置いてある。このように、子どもが飽きないための遊び場はかなり多いようだ。なお、鉄道模型やジグソーパズルの専門店、あるいはアニメイトなどマニアックな店舗もあり、映画館やボウリング場だってある。大人や若者が楽しめるコト消費がないわけでは決してない。


一大観光スポット

アリオ柏は柏の新たな観光スポットである。これまで、柏市内のショッピングモールというと、必要な店舗がある、ただモノを買って需要を満たすだけの施設であった。しかし、アリオ柏には、商品ひとつひとつに代えられない様々な体験・経験がある。入り口に巨大なスコップが刺さっていたり、巨大なドーナツに座ることができたり、巨大な庭があったり、ボウリングやスポーツをしたり、ゲームをしたり、映画を観たり……上で言及した通り、巨大オブジェの前では写真撮影も可能だ。アリオ柏に来た際には、ぜひ袋いっぱいの食料品よりも、胸いっぱいの思い出を持って帰ってほしい。


ここまで長々と気持ち悪いポエムを綴ってきたが、アリオ柏には様々な魅力がある。その魅力は是非あなたの冒険によって見つけてほしい。最後にひとつだけ。セブンパークアリオ柏への冒険は、家を出た瞬間に始まっている。

 

 

アリオ柏の公式ウェブサイト

www.sevenpark-ario-kashiwa.jp

*1:現地に行って駐車場を見てほしい。一発でららぽーと柏の葉にとって歯が立たないことがわかる。

*2:実際に巨大サイズのものが置いてあるので、その目で確かめられたい。

*3:セブンパークアリオ柏について|セブンパークアリオ柏

*4:一部ないものもある。

*5:筆者が訪れた際は事前情報を入れておらず、天候もあまり良くなかったので詳しく見ていない。ご容赦願いたい。

スポンサーリンク